『顎関節症』:がくかんせつしょう と読みます。
口腔領域の3大疾患は【むし歯】【歯周病】【顎関節症】です。

顎関節症という疾患の定義は『顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている』(日本顎関節学会)とあります。
もう少し簡単にご説明しますと、あごの関節周辺に何らかの異常があり、「あごが痛い」「あごがコキコキ鳴る」「口が開けにくい」「あごがよくはずれる」などを主症状とする慢性疾患です。
原因は「骨格性が原因となるもの」「筋肉のバランス異常」「かみ合わせの異常」他と、複数存在し、またその組み合わせもあります。症状も多種・多様ではありますが、このような状態をまとめて顎関節症と呼んでいます。

顎関節症患者数はここ十数年で15倍にも増加したとも言われています。子供~高齢者まで幅広くみられる病気ですが、年齢では10代半ばから増え始め20~30代がピーク、女性は男性の2~3倍の患者数であるという報告もあります。なぜ女性が多いのかは現在よくわかっていませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みに敏感で健康に対する関心が高い、男性よりも骨格や靱帯が弱い、女性ホルモンに関係がある、などの説が有力であります。年齢的には、10代半ば頃から増加するのは歯や骨格が成長し大人になる時期であること、精神的にも思春期であり社会的な生活も複雑になるためストレス感受性が高く、ピークである20~30代以降に患者数が減少するのは顎関節の変形はあってもそれに慣れてうまくつきあえるようになるためとも言われています。
しかし、近年患者数が増加していることを考えると、最近の若年層に顕著な食習慣、生活習慣などにも関連があると考えられるのではないでしょうか。

鷲尾歯科医院では、対症療法として投薬(消炎鎮痛剤・筋緩和剤)・咬合調整・マウスピース(バイトプレート)の作製による治療をおこなっております。

診察時間

平日(月・火・水・木・金)
午前 8:45~13:00
午後 14:00~18:30

休診:土・日・祝

お約束・予約電話番号

TEL 06-6251-8060

鷲尾歯科医院アクセス

大阪市中央区本町4-2-12
東芝大阪ビル 4階

最寄駅:本町駅 8番出入口

アクセス詳細

Search