むし歯とは、細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされ穴があく病気です。(糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなど、非常に多くの食品に含まれています)
医学専門用語では「う蝕」と呼ばれ、英語では「Cavity」・ドイツ語では「Caries」と言います。小・中学校時の歯科検診で校医がC1やC2と言っていたのを覚えてらっしゃると思います。CはCariesの頭文字です。
むし歯は、細菌感染が原因ですから「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと歯磨き・歯ブラシを行い、細菌除去が向上できれば「予防ができる病気」でもあります。
しかし、一旦できてしまったむし歯は自然には決して治ることはありません。再石灰化と言われているものは、顕微鏡下のマクロ・ナノレベルのお話でして、世間一般の方がイメージされている、むし歯が再石灰化によって塞がることはまだまだ期待できません。様子を見ていても治る期待は「0」なのですから一刻も早く治療にとりかかるべきと考えます。近頃では金歯や銀歯ではなく白い詰めモノで目だたないように修復できる方法(審美歯科)もあります。
        
                   ↑
     レントゲン検査にてむし歯があることがわかりました       古い金属のつめものを外すとむし歯が見えてきました
      
     最終的な形を整えて「型」をとります                 セラミック製の新しいつめものを装着しました

むし歯治療において、神経の処置を行う場合『抜髄処置』と『感染根管処置』に分別されます。

抜髄(ばつずい)処置とは、生きている神経・歯髄(しずい)組織を除去することです。
むし歯、外傷等によって生じた細菌感染が根部神経・歯髄までおよび、神経・歯髄

その感染が元の健康な状態には戻らないと判断され『全部性歯髓炎』に陥った場合に行います。歯の内部に存在する神経・歯髄を取り除く治療のことです。神経・歯髄を取り除く治療のことです。神経・歯髄の感染や炎症の波及の予防を目的として便宜的に歯髄が全部除去されることもあります。抜髄処置を行う際には、通常は神経・歯髄組織は生きている訳ですから、局所麻酔をおこなったのち歯髄を除去する直接(麻酔)抜髄法が一般的です。

神経・歯髄(しずい)を取るか否か? われわれ歯科医師は神経・歯髄を温存したままかぶせ(クラウン・インレー)を作るか、神経・歯髄を除去した後にかぶせ(クラウン・インレー)を作るか…非常に悩ましいことが多々あります。
理想論を語れば、どうしても取らざる得ない場合にのみ神経・歯髄の処置(除去)は行い、できるだけ神経・歯髄は温存した方がよいです。
…が、実際の臨床において結構な確率で神経・歯髄の処置を施します。それは、神経ギリギリまで歯を削った(=歯は小さくなる)後に、その部分を大きな金属(金歯・銀歯等)にて補綴修復すると、熱(この場合の熱とは冷たいもの・熱いもの両方)が修復金した金属介して神経に伝わり、治療したところが『しみる!』『痛い!』という、症状がでて来ることがあります。耐えられる程度の症状であればそれを『知覚過敏症状』と言う場合もあり、知覚過敏症の処置をおこなったり、そのまま慣れて行っていただければよいと思うのですが、『痛い!耐えれない!』となると、せっかく治療した歯を外した上で、再度神経・歯髄の処置を含む治療をおこなうこととなり、2度手間=時間的コスト+経済的コストも生じます。対応策として、金属ではなくセラミック等の熱伝導率(この場合の熱とは冷たいもの・熱いもの両方)の低い材料を用いる事により、『しみる!』症状の発生確率を低くすることはできますが、絶対にしみない!と言うことにはなりません。



<症例>
もともと銀歯が装着されておりました。『しみる!』との事で来院されました。レントゲン検査をしたところ『むし歯』があることがわかりましたので、銀歯を除去しました。『むし歯』を除去していったところ相当深く削りましたので、神経を守るために『歯髄覆罩:しずいふくとう』という処置を行った後に、セラミックにて部分修復をいたしました。処置終了直後は『知覚過敏』症状があらわれましたが、現状にて約1ヶ月経過観察を行ったところ『知覚過敏』症状も治まりましたので完了としました。

むし歯治療の基本は『細菌に感染した歯質』をしっかり除去することであり。それを忠実におこなう程、神経に近づいて行くことになると同時に、大きく修復することにもなります。
鷲尾歯科医院では、患者さまのできるだけ神経は取りたくないというご要望をお伺いしつつも、神経・歯髄を残したいがために、むし歯を取り残してしまうという事のないように心がけています。

3mix  5mix-MP法

<院長の雑談>
私、鷲尾拓志の左上奥から2番目の歯は、はっきり言って『しみます!』。2009年10月に某歯科医院にて、むし歯の治療をして頂きました。私は抜髄(神経を取る)処置覚悟で受診したのですが、『多少の痛みがあっても、ていねいにむし歯を除去し、歯を守ることが大切』tというコンセプトから、ちょっと無理しても神経・歯髄を残してもらいました。約2カ月経過観察し、歯髄炎までには至っていないとの判断をし、セラミックにて修復してもらいました。・・・が、はっきり言って『しみます!』『痛いです』 。左側でアイスクリームは無理です!生ビールも『しみます』。残念ながらシュミテクトも効きません。でもずいぶん慣れて来ました。もう少し神経が生きていること(=痛み)を感じながらこのまま行こうと思っています。
  

むし歯治療において、神経の処置を行う場合『抜髄処置』と『感染根管処置』に分別されます。

感染根管処置とは細菌に感染して、死んでしまった神経を除去すること言います。深い大きなむし歯をそのまま放置していたり、以前に神経・歯髄の処置(抜髄)を行った部分が再感染してくることや、歯が割れていたり、深い歯周ポケットがあり、そこから根管(神経の管)内に細菌が進入してくるような場合も、感染根管になってしまうことがあります。

要は何らかのトラブルが起こり、外部から根管内に細菌が進入してくる状態のままだと、感染根管になってしまうのです。

感染根管に対しては通常、根管治療(この場合の根管治療のことを、感染根管処置と呼んでいます)を行って根管内の細菌を除去する必要がありますが、感染根管治療を行っても十分に感染の除去が出来ないこともあり、その場合には歯根端切除術(前歯の単根歯が対象)が必要になったり、それでも効果のない場合は抜歯になってしまう場合もあります。

治りにくい根管治療(歯の神経・根の治療)

婁孔(ろうこうと読みます)英:Fistelフィステルとは、歯の周囲・あごの骨の中に溜まった膿が出て行く穴のことです。
婁孔・Fistel・フィステルのほとんどは歯ぐきに出来ますが、見た目は穴というよりは、プクッとした『にきび』『おでき』
のような感じです。
婁孔・Fistel・フィステルが最もよく見られるケースは、歯の神経が死んでしまった後、そこから慢性的に感染炎症がおこり、歯の先端(根っこ)に膿の病巣が出来ているような場合で、歯の先端の病巣内に溜まった膿があごの骨の中を通り、歯ぐきの表面のまで達したのを婁孔・Fistel・フィステルと呼んでいます。つまり婁孔・Fistel・フィステルが見られるということは、その周囲の歯の歯髄が死んで、根尖病巣が出来ていることが疑われるということになります。婁孔を治療するためには根気強く根管治療(神経の処置)を行う必要があり、治療回数が数十回となる場合もあります。根管治療が成功して根管内の細菌を十分に除去することができれば、婁孔は消えて無くなりますが、再発しやすい病気でもあります。

※婁孔・Fistel・フィステルの原因の多くは歯根破折でもあります。この場合は抜歯しかありません。何度も再発する婁孔・Fistel・フィステルは歯が割れている事が多いと思います。

昔【Fistel:フィステル】 今【sinus tract:サイナストラクト】
sinus:医学用語【解剖】 洞  tract:医学用語【解剖】(器官の)管,道;(神経の)路,束,索
という意味です
最近までFistel:フィステル と呼ばれていましたが今はサイナストラクトと呼んでいます
名称の違いだけであり、病態に違いはありません


婁孔(ろうこうと読みます)英:fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトとは、
歯の周囲・あごの骨の中に溜まった膿が出て行く穴のことです。
婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトのほとんどは歯ぐきに出来ますが、
見た目は穴というよりは、プクッとした『にきび』『おでき』 のような感じです。
婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトが最もよく見られるケースは、
歯の神経が死んでしまった後、そこから慢性的に感染炎症がおこり、
歯の先端(根っこ)に膿の病巣が出来ているような場合で、歯の先端の病巣内に溜まった膿があごの骨の中を通り、
歯ぐきの表面のまで達したのを婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトと呼んでいます。

簡単に説明いたしますと根管(神経の管)内にもしくは根管外に細菌が存在して感染しているということです。

つまり婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトが見られるということは、
その周囲の歯の歯髄(歯の中の神経)が死んで、根尖病巣が出来ていることが疑われるということになります。
婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトを治療するためには、
根気強く根管治療(神経の処置)を行う必要があり、治療回数が数十回となる場合もあります。
根管治療が成功して根管内の細菌を十分に除去することができれば、
婁孔・fistelフィステル sinus tract:サイナストラクトは消えて無くなりますが、再発しやすい病気でもあります。

『象牙質知覚過敏症:Hys』の症状を文字で表しますと「ズキン!」「キーーン!」「ヒヤッ!」。というイメージだと思われます。ある日突然やってくるというのも『知覚過敏』症状の特徴です。 いままで特に症状はなにもなかったのに、近頃冷たい物を飲んだり、歯ブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで「歯がしみる(痛む)」症状が出たら、それはまさに『象牙質知覚過敏症』なのかもしれません。
『象牙質知覚過敏症』の原因は、歯周病にて歯ぐきがやせてきたために、本来なら歯ぐきにて覆われている歯の根っこ部分(歯根面)が露出してきたためであったり、歯ブラシ時の力の入れすぎにために歯がすり減っている事であったり、かみ合わせの問題で、歯と歯ぐきの境が欠けてきたり、虫歯であったり、歯が割れていたり、歯ぎしり…と様々です。特に知覚過敏の場合は原因が1つではなくこれらのコンビネーションという事も多々あります。それから、「ズキン!」「キーーン!」「ヒヤッ!」っという、原因となっている、歯が1本とは限らない上、日によってしみる箇所が異なるということも特徴かと思います。
知覚過敏の治療法は薬やレーザーにて象牙細管という歯の表面にある神経への伝達通路を遮断することですが、あまりに症状が進行していると、
歯の神経・歯髄(しずい)を取る治療を行う場合もありますので注意が必要です。
  

歯石除去後に一時的に『象牙質知覚過敏症』症状がおこることがあります。歯の表面が多量の歯石によって覆われている状態(不潔状態)から、裸の状態(清潔)になったためにおこるものです。まずは『シュミテクト』等の知覚過敏予防用の歯みがき剤を使用なさって経過をみてください。それでも症状が軽減しない場合は、『知覚過敏症』の治療が必要と思われます。

<ポイント>
※「歯がしみる=知覚過敏」と自己判断なさることは非常に危険です。上記いたしました様に『知覚過敏症』には原因が複数ある場合があります。
  特に歯周病・むし歯の可能性も十分考えられますので、歯がしみる症状がある方は早めの対策が必要かと思われます。

診察時間

平日(月・火・水・木・金)
午前 8:45~13:00
午後 14:00~18:30

休診:土・日・祝

お約束・予約電話番号

TEL 06-6251-8060

鷲尾歯科医院アクセス

大阪市中央区本町4-2-12
東芝大阪ビル 4階

最寄駅:本町駅 8番出入口

アクセス詳細

Search